料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

科学的に美味しく料理をつくる方法と、食べ物の栄養効果について、レシピ付きで分かりやすく解説しています。

ミニサイズで可愛い!新じゃがいものハッセルバック(レシピ)

f:id:hironosaori:20190405171948j:plain

 

こんにちは、管理栄養士の廣野沙織(ひろのさおり)です。

前回のレシピ記事「丸ごと新玉ねぎの肉詰め-トマトスープ煮込み」に引き続き、今回も春らしい料理をご紹介します。

 

主役は春に旬を迎える新じゃがいも

小粒で可愛い見た目、そして薄くてやわらかい皮ごと食べられるという特徴を生かし、ミニサイズのハッセルバックにしました。

 

ハッセルバックはスウェーデン発祥の料理で、じゃがいもに切込みを入れてその上から調味料をかけたり具材を挟んでオーブンで焼きます。

見た目のインパクトも大きく、おもてなし料理にもぴったり。小さい新じゃがいもで作れば、フィンガーフードとしてつまみやすいのも◎。

 

新じゃがいもの皮にはビタミンCや食物繊維が多く含まれているので、このように皮ごと食べられるメニューは栄養も無駄にならず嬉しいですね。

 

作り方は意外に簡単。切込みを入れる際に下まで切り落とさないために、なるほど!な技があるので併せてご紹介します。

 

ミニサイズで可愛い!新じゃがいものハッセルバック

f:id:hironosaori:20190405171948j:plain

 

【材料(1人分, 3個)】

  • 新じゃがいも(小) 3個
  • ハム(ベーコンでも可) 3~4枚
  • スライスチーズ 2枚
  • 塩コショウ 少々
  • パセリ 適量

【作り方】

1. 新じゃがいもは皮付きのまま綺麗に水洗いします。包丁を使い、じゃがいもに2mm幅程度の切込みを入れます。

f:id:hironosaori:20190405174319j:plain

この際、割り箸を2本置き、その上にじゃがいもを置いて作業すると下まで切り落とすのを防げます。

 

2. 耐熱容器に1の新じゃがいもを置き、ふんわりラップをして600Wの電子レンジで3分程度加熱します。完全に軟らかくなっていなくても大丈夫です。

f:id:hironosaori:20190405174419j:plain

 

3. ハムとスライスチーズは新じゃがいもの切込みの幅と高さに合わせて切り、切込みに交互に挟みます。他の2個も同様に行います。最後に塩コショウ少々を上からふりかけます。

f:id:hironosaori:20190405174546j:plain

 

4. 200℃に予熱したオーブンで7~8分程度加熱します。チーズが溶け、じゃがいもが軟らかくなったら完成です。※使用するオーブンに合わせて加熱時間を調整してください。仕上げにパセリをふりかけましょう♪

f:id:hironosaori:20190405171948j:plain

 

とろ~りチーズと適度な塩気が、じゃがいものホクホク感とよく合います。小さなお子さんもきっと喜んでくれそうなメニュー。

 

お休みの日や、そろそろ迎えるゴールデンウィークなどにぜひ作ってみてください♪