料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

科学的に美味しく料理をつくる方法と、食べ物の栄養効果について、レシピ付きで分かりやすく解説しています。

『はんぺん』の力でふわふわ&パサつかない!万能に使える鶏団子レシピ

f:id:hironosaori:20190207174345j:plain

 

こんにちは、管理栄養士の廣野沙織(ひろのさおり)です。

子供も大人も、みんな大好きな鶏団子。汁物やお鍋に入れたり、味を付けておかずにしたりと万能に使えます。

ただ、家庭で鶏団子を作ると「パサつく、ポロポロする」「ふわふわ感が足りない」など、少し難しい料理。実は、そんな悩みを全て解決してくれるお助けアイテムがあるんです。

それは・・・はんぺん

 

はんぺんは、白身魚のすり身に、発泡性のある卵白ややまいもを加えて、空気をたくさん含ませて作られています。

空気を含んだはんぺんを、なめらかに潰して鶏ひき肉と混ぜ込み、均一なタネを作ると、ふわっとして程よい弾力のある食感に仕上がり、時間が経ってもパサつきません。

 

ちなみに「はんぺんっぽい感じ」は、味の面でも、食感の面でも(ちゃんと潰すことで)、あまり残りません。だからこそ万能に使える鶏団子レシピです。

それではレシピをご紹介します!

 

ふわふわ&パサつかない、はんぺん入り鶏団子

f:id:hironosaori:20190207174416j:plain

 

【材料(約16個分)】

f:id:hironosaori:20190207174434j:plain

  • 鶏ひき肉 200g(モモ肉とムネ肉、半量ずつがおすすめ)
  •  はんぺん(大判)1枚(120g)
  • 酒 大さじ2
  • 塩 少々
  • 生姜 少々

 

【作り方】

 1.  生姜はすりおろし、小さじ1程度のおろし生姜にします。

f:id:hironosaori:20190207174446j:plain

 

2. キッチン用ポリ袋にはんぺんをちぎって入れます。

f:id:hironosaori:20190207174459j:plain

 

袋の外から手で揉みながら、細かい粒~なめらかなペースト状になるまで潰します。

f:id:hironosaori:20190207174512j:plain

 

3. ポリ袋に、残りの材料を全て加えます。

f:id:hironosaori:20190207174523j:plain

 

同様に、全体が均一になるよう捏ねていきます。

<POINT>肉は塩を加えて捏ねると弾力と粘りが出て、崩れにくい肉団子になります。しっかりと捏ねましょう!

f:id:hironosaori:20190207174548j:plain

 

最終的にこのように均一な肉ダネになります。

f:id:hironosaori:20190207174619j:plain

 

4. 袋の先端をハサミで切り、肉を少量ずつ絞り出し、団子状に丸めます。

f:id:hironosaori:20190207174604j:plain

f:id:hironosaori:20190207174649j:plain

 

5. 沸騰した湯に団子を落とし(スプーン2本使いながら落とすと楽です)、3分間ほど茹でます。

f:id:hironosaori:20190207174659j:plain

 

取り出して完成!冷蔵保存する場合は、汁は少し取って浸しておくと良いです。

f:id:hironosaori:20190207174710j:plain

 

この鶏団子は多めに作って作り置き保存しておくのもおすすめです。もちろん作り立てが一番美味しいのですが、時間が経ってもパサつきにくいです。

 

f:id:hironosaori:20190207174345j:plain

汁に入れてもよし、鍋に入れてもよし。照り焼きソースで鶏つくね風にすればお弁当のおかずにもなります。これがあると普段のご飯作りが楽になるかも。

 

『基本の鶏団子レシピ』として覚えておくと、とっても便利です!

レパートリーの一つとしていかがでしょうか?