料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

科学的に美味しく料理をつくる方法と、食べ物の栄養効果について、レシピ付きで分かりやすく解説しています。

写真とイラストで分かる!衣を落として揚げ油の温度を確認する方法

f:id:hironosaori:20181119230519j:plain

 

揚げ物のレシピを見ると、「170℃の油で3分揚げる」といったように油の温度が記されていることがありますが、家に温度計がない場合は困ってしまいますよね。

そこでおすすめなのが、衣を少量落として油の温度の目安を知る方法です。

 

実際の写真やイラストを使って説明したいと思います!

 

150℃以下

f:id:hironosaori:20181119201429j:plain

衣は底に沈み、なかなか浮き上がってきません。

衣をつける揚げ物にはあまり使わない温度帯ですが、中にはお肉のコンフィのように70~80℃の油でじっくり加熱する調理法もあります。

 

150~160℃

f:id:hironosaori:20181119201439j:plain

衣は一度底に沈んだ後、ゆっくりと浮き上がってきます。

この温度帯は一般に「低温の油」と呼ばれ、火の通りにくい根菜類を揚げたり、大き目の食材の中までしっかり火を通したいときに適しています。

 

170~180℃

f:id:hironosaori:20181119201447j:plain

衣は途中まで沈み(底まで沈み切らずに)浮き上がってきます。

この温度帯は一般に「中温の油」と呼ばれ、肉や魚の唐揚げやフライ、フリッター、野菜の天ぷらなどはこの温度が美味しく仕上がります。

 

200℃以上

f:id:hironosaori:20181119201454j:plain

衣はほとんど沈まず、落とした瞬間表面に浮き、周囲にも多少散ります。

一般にこの温度は「高温の油」と呼ばれ、魚のフライ(特に白身魚)や、コロッケ、カラッとさせるための唐揚げの二度揚げはこの温度がおすすめです。

 

まとめると、下のイラストのようなイメージです。

 

 

f:id:hironosaori:20181119201335p:plain

 

 

温度計がなくてもこれらを覚えておけば、レシピの温度に合わせられたり、料理に適した温度で揚げられるのでとっても便利。

 

ぜひ活用してみてくださいね!