料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

科学的に美味しく料理をつくる方法と、食べ物の栄養効果について、レシピ付きで分かりやすく解説しています。

TABLE FOR TWOに取り組む学生たちにメニュー開発についてお話しました

f:id:hironosaori:20181010180730j:plain

 

昨日は大学生の方々に向けて、メニュー(料理)開発に関するセミナーを開きました!

大学生といっても、かつて私も所属していたTABLE FOR TWO University Association(大学連合)で現在活動している後輩たちです。

 

読者の皆様はTABLE FOR TWOについてご存知でしょうか?

 

TABLE FOR TWOとは…

世界の約70億人のうち、約10億人が飢餓や栄養失調の問題で苦しむ一方で、20億人近くが食べ過ぎが原因で肥満状態にあります。

この深刻な食の不均衡を解消するため、2007年の秋に日本でTABLE FOR TWOが創設されました。

 

TABLE FOR TWOの仕組みは、対象となる定食や食品が購入されると、1食につき20円の寄付金が、TABLE FOR TWOを通じて開発途上国の子どもの学校給食になります。

20円というのは、開発途上国の給食1食分の金額。つまり、先進国で1食とるごとに開発途上国に1食が贈られます。

 

f:id:hironosaori:20181010180654p:plain

画像出典:http://jp.tablefor2.org/aboutus/profile.html

 

 

▼詳細はこちらをご覧ください。

アフリカの子どもたちに給食を TABLE FOR TWO公式サイト

 

 

さまざまな団体、企業、大学などがこの取り組みに参加し、食の不均衡解決にむけて活動しています。

 

TABLE FOR TWO University Associationは、大学でTABLE FOR TWOを導入している・導入に向けて取り組んでいる大学生同士が集まる団体。

各大学の情報共有や、大学の枠を超えたイベントの企画・運営を通じて、ヘルシーメニューの提供、開発途上国の子供たちに給食を届けるといった活動をしています。

私は現役の頃、たくさんの経験とつながりを得た思い入れの深い団体です!

 

私は当時大学で食品や栄養について学んでいたので、主にヘルシーメニュー開発などを担当していました。

現在のレシピ考案のお仕事などもそれに通じるものがあり、全てはつながっているなぁと感じます。

 

 

f:id:hironosaori:20181010211625j:plain

 

昨日のセミナーは、学生たちから「自分たちが考案しているメニューに対して不安を感じている」という相談を受けたことをきっかけに開催しました。

栄養系の学部がない大学では、自分たちでヘルシーメニューを考えること自体がすごく大変なこと。しかも、食堂で提供できる(調理師さんたちに作ってもらえる)料理となると条件が限られてきます。

使える食材の種類、調味料、オペレーション、予算などなど…。

 

そんな限られた条件の中でメニューを開発・商品化するときのポイントや、食べ盛りの学生たちの購入につなげるコツについてなどを中心に、私なりにお話しさせていただきました。

役に立っていれば嬉しいなぁ!

 

 

TABLE FOR TWOは、飲食店の料理やコンビニ一部商品などにも導入されています。

対象となる商品を購入するだけでTABLE FOR TWOの取り組みに参加できるので、興味をもった方はぜひ・・・!