料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

科学的に美味しく料理をつくる方法と、食べ物の栄養効果について、レシピ付きで分かりやすく解説しています。

毎週作り置きしたい!手作りサラダチキン(鶏ハム)のレシピ

f:id:hironosaori:20180805211153j:plain

 

最近コンビニで大人気の「サラダチキン」。タンパク質が豊富で低カロリーなので、ダイエットしている方でも安心して食べられますよね。

今回は、そんなサラダチキンが家でも作れる再現レシピをご紹介したいと思います!

 

この自家製サラダチキン、我が家では毎週の作り置き料理にも欠かせない一品になっています。

お弁当に入れたり、夜ご飯の足しにしたり、ほぐして野菜と和えたり。

 

さらに、手作りならではのポイントがあるんです。

それは、鶏の旨味たっぷりの煮汁を活用して、スープにアレンジできること!(のちほど説明します)

 

作り方はとっても簡単、分量も覚えやすいのでぜひお試しください。

 

レシピ

自家製サラダチキン

市販のサラダチキンは油の少ない「鶏むね肉」ですが、「鶏もも肉」もジューシーで美味しいのでオススメ。今回は2種類一気に作る方法です。

作り置きの場合、2種類の方が飽きにくいというメリットもあります。

どちらか一方で作る場合は、他の材料も半量にしてください。

 

【材料】

f:id:hironosaori:20180805213122j:plain

 

  • 鶏むね肉 1枚
  • 鶏もも肉 1枚
  • 水 200cc
  • 酒 100cc
  • 塩 小さじ2
  • 砂糖 小さじ2
  • コショウ 少々
  • 生姜すりおろし(チューブ可) 小さじ1程度

 

【作り方】

 

①爪楊枝かフォークを使い、鶏肉にいくつか穴をあけます。

f:id:hironosaori:20180805214252j:plain

 

 

②全ての材料を合わせ、1時間~半日冷蔵庫で漬け込みます。ポリ袋やボウルに入れて漬けるか、あるいは洗い物を減らすために、鍋かフライパンに直接入れて漬け込んでしまってもOKです。

できれば途中でお肉をひっくり返してください。

<POINT>加熱前に調味料をしみこませることで、肉(タンパク質)の保水性が高まり、しっとりとした仕上がりに。

f:id:hironosaori:20180805214538j:plain

 

 

③蓋をして、弱火で加熱します。沸騰してから7~8分経ったら裏返し、さらに7~8分間加熱します。

その後火を消し、蓋をしたままゆっくり冷まします。

f:id:hironosaori:20180805220155j:plain

 

 

④鶏肉を取り出し、お好みの厚さにスライスします。

f:id:hironosaori:20180805220610j:plain

 

 

⑤完成!鶏肉と汁を一緒に容器に入れて保存してください。

f:id:hironosaori:20180805220728j:plain

 

 

醍醐味はスープアレンジ

サラダチキンを手作りする醍醐味は、煮汁を活用したスープ!

一緒に保存しておいた煮汁は、水で伸ばすだけで旨味たっぷりの鶏出汁スープになります。市販の顆粒だしとは全く違う美味しさですよ~!

 

f:id:hironosaori:20180805221522j:plain

 

 

低カロリーで食べ応えばっちりの自家製サラダチキン。スープアレンジで二度楽しめます。

一度作ったらリピート間違いなし!ぜひお試しください♪