料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

科学的に美味しく料理をつくる方法と、食べ物の栄養効果について、レシピ付きで分かりやすく解説しています。

ブロッコリーは「蒸し茹で」にすると、栄養を逃さず光熱費も節約

ブロッコリーはとても栄養価の高い緑黄色野菜で、カロテン、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、葉酸など数々の栄養素を豊富に含んでいます。

 

一般的には、ブロッコリーを茹でて食べる方が多いと思いますが、ブロッコリーを茹でると、ビタミンCや葉酸のような水溶性のビタミン類は、茹で水に溶け出てしまいます

ブロッコリーのビタミンCの量は、野菜の中でもトップクラスですが、茹でることで半分程度に減ってしまうんです。

結構もったいないですよね!

 

そこで、オススメなのが「茹でる」代わに「蒸し茹で」にするということです!

 

 

蒸し茹でのやり方

①まず、鍋に少量の水を入れます。ブロッコリー1個に対して、50ccくらいが目安です。

f:id:hironosaori:20180722155243j:plain

 

②ブロッコリーを入れて、蓋をします。火にかけて、蓋をしたまま中火で3~4分ほど加熱します。

f:id:hironosaori:20180722155528j:plain

 

③加熱を終える直前に、爪楊枝で刺して硬さを確認すると良いです。

茹でるとブロッコリーはぷかぷか浮かぶので、一度ブロッコリーを取り出さないと硬さを確認できませんが、この方法なら鍋に入れたまま硬さを確認できます。

f:id:hironosaori:20180722155708j:plain

 

⑤ザルにあげて冷ましてあげます。ほうれん草などとは違い、ブロッコリーは水にさらさないほうが良いです。水にさらして冷却するとブロッコリーが水っぽくなってしまいます!

f:id:hironosaori:20180722160029j:plain

 

 

蒸し茹では、使用する水の量が少ないので、溶け出てしまう栄養素が少なく、味も濃くて美味しいです。 

加えて嬉しいのが光熱費の節約ができること!

ブロッコリーを茹でる場合には、たっぷりの水を沸かすので、水もガス代もかかりますが、この方法であれば水はごくわずか、加熱時間も短いです。

 

普段ブロッコリーを茹でている方は、ぜひ蒸し茹でを試してみてください!