料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

科学的に美味しく料理をつくる方法と、食べ物の栄養効果について、レシピ付きで分かりやすく解説しています。

お弁当おかずやおもてなし料理にも!餃子の皮でミニキッシュ(レシピ付)

f:id:hironosaori:20180722222948j:plain

 

こんにちは!管理栄養士の廣野沙織です。

7月も後半になって、夏休みに入ったお子様をお持ちの方も多いですよね。

夏休みは「お弁当が悩みの種」という声もちらほら。

 

今回は、日々お弁当作りに励む方々に試していただきたいレシピをご紹介します。

ギョウザの皮をパイ生地やタルト台の代わりに使う「ミニキッシュ」です。

マフィン型を使って焼くので、その用意が必要ですが、生クリーム不使用なのでお手軽。

食べやすく、華やかなのでおもてなし料理にも最適ですよ!

 

 

レシピ

 餃子の皮で!グリンピースとベーコンのミニキッシュ

f:id:hironosaori:20180722224620j:plain

 

【材料(6個分)】

  • 餃子の皮(大判) 6枚
  • グリンピース(冷凍) 30~40g
  • ベーコン 2枚
  • 玉ねぎ 1/4個
  • マッシュルーム 小ぶりのもので3個程度
  • サラダ油 適量
  • とけるチーズ 適量

<生地>

  • 牛乳50cc
  • 溶き卵 2個分
  • 粉チーズ 大さじ2
  • 塩・コショウ 適量

 

【作り方】

  1. ベーコンと玉ねぎ、マッシュルームはみじん切りにする。
  2. 1と解凍したグリンピースを一緒に、油をひいたフライパンで炒め、放冷する。
  3. ボウル内で生地の材料を全て混ぜ合わせ、2の具を加える。
  4. マフィン型に油を薄く塗り、ギョウザの皮を敷く。<POINT>等間隔に折り目を付けながらカップにはめていくとキレイです。
  5. 4に3を同量ずつ注ぎ入れ、上から溶けるチーズをかける。<POINT>餃子の皮のカップの9割くらいの高さまで生地を入れます。
  6. 200℃に予熱したオーブンで15分焼く。

 

具はお好きな食材や、残り野菜などを使って、色々なバリエーションを楽しんでみてくださいね!